東京サイクルデザイン専門学校で学んだことを活かし、

フレーム製造教室を開講いたしております。

 

今野真一先生をはじめとするフレームビルダーに教えていただいたことをそのまま皆さんにお伝えしております。

 

自転車の製造工程(予定ですので、個人のペースに合わせて実施いたします。)

 

1日目   パイプ削り

 

パイプを削る際は写真のようにシールを貼って、

そのシールに沿って削ります。

2日目   前三角の小物取り付け、BBとシートチューブ溶接と研磨

3日目   前三角仮付け、本付けと研磨

4日目   チェーンステー仮付け、本付けと研磨

 

5日目   シートステー仮付け、本付けと研磨

6日目   ブリッチパイプ等仮付け、本付け+仕上げ

 

7日目   フォーク仮付け、本付け

8日目   仕上げ(リーマー、フェイシング、タッピング等含む)

 

 

 

 

塗装期間1ヶ月から2ヶ月(マスキングの量によります)

完成したフレームの組み付け1日

 

タイムスケジュール

 

10時間を5日

8時間を6日

7時間を7日(この辺がオススメです。)

6時間を8日

朝10時(10時間、8時間作業の場合)か

11時(それ以外)からスタート!  

その他時間もご相談ください。

 

パイプの溶接には、今野製作所(ケルビム)でも使用されている工具を用います。

 

※ご希望の場合

パーツ組み付け(新品パーツ持込不可。当店でご購入ください。)→完成車お渡し(完成車組み付けレクチャー20000円)

 

フレーム、フォークセット 18万円 部材費単色塗装費込

     

免責事項

製造中、また製造した自転車に乗車中に発生した損害、事故等の責任を負うことはできません。損害保険など適宜ご加入ください。

自転車製造について、指の切り傷、やけどなどあります。また、鉄粉を吸い込む可能性ふがありますので、ご承知おきください。責任を負うことはできません。

自転車走行中について、転倒や事故など十分にご注意ください。

まずは、お気軽にご相談ください。

 

 

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です