消費者金融には借りたくない!自営業夫婦のお金野ホンネ。

これまで私は一度も、個人からお金を借りたことがありません。「個人からの借金はしない」ということを、自分の中の鉄則していますから、おそらく一度も経験しないまま、人生を終えるのではないでしょうか。

理由は2つ。私が見栄っ張りな性格で、お金に関することで親兄弟や親戚、友人知人に頭を下げることがどうしてもイヤだということ。それから、これはよく言われることですが、お金が介在すると、えてして人間関係にヒビが入ってしまうということです。
何かほかの理由で喧嘩して、関係が壊れるというならいいですが、お金に関してそうなるというのは、どうにも後味が悪く、一生引きずってしまうような気がします。

そんな私がお金に困ったときに頼るのは、金融機関しかありません。年齢とともに収入がある程度安定してきましたから、このところはお世話になっていませんが、若いころはよく銀行のカードローンを利用していました。ある時は金融機関でも消費者金融からお金を借りたこともありました。
個人から借りるのとはちがい、当然金利は発生します。利子返済は「無駄な出費」ではありますが、それでも私はこちらのほうを選ぶのです。個人からの借り入れよりもいくらも返済が多くなるのは分かっているのですが、それでも人間とトラブルを起こすよりかは全然マシだと考えています。

もし今、お金に困ったら、まずは妻に相談します。わが家の家計はすべて妻が管理しています。私は自営業で夫婦で商売をしていますので、家計の基となっている収入は2人で稼いだもの。管理を妻にまかせているだけなのですから、彼女に相談するのは、別にイヤではありません。もしそれでも賄えないような額のお金が必要なら、やはり銀行に頼ることになるでしょう。(※自営業借金

今はもう消費者金融っていうには利用しないと決めています。金利が半端ないですからね・・・。でもどうしても銀行さんから借入できないときには頼っちゃうんだろうな~と思っています。

即日融資してもらえた金融機関。今すぐ借りたい時は助かった!

夫が転職して、新入社員扱いで、給料が良くない時期に子どもが生まれました。

貯金もなかったので、出産費用や子供用品などは借金をしてお金を作りました。

即日審査をしてもらえて、即日融資を受けることのできる消費者金融を探して、審査をし、私たちでも借りれる金融を見つけたのでそちらで借入をしました。

しょっぱなから借金生活でした。。。
まだ赤ちゃんなので、今すぐ大金が必要ではないのですが、子どもの将来を思うと、高校後の進路のことを考えると、やはり教育資金というものは大金が必要になってくるのではないか?と不安に思う事があります。

やはり教育資金のための、お金が欲しいです。
中学、高校は公立に行ってもらうとしても、専門学校、短大、大学などは大抵は私立ですし、学費以外にも、生活費、仕送り、また田舎の学校に行く場合は、車も必要になってくる場合もあるので、 車の資金、免許の資金なども馬鹿にならないと思っています。

親という立場上、子どもの進路にお金を出してあげられないとは言えないので、
今から、「お金がたくさんあればいいのに」と思ってしまいます。
奨学金は後々のローン支払いが大変だと、話に聞いたことがあるので、
そういうものは借りないでやっていきたいとも思っています。

私の時は、実家は中流家庭であったものの、好きな進路には進ませてもらえませんでした。
行きたい学校が私立の音大だったので、音大は特にお金がかかるし、 実家を出ても仕送りをしてあげられる余裕はないということで、断念せざるおえませんでした。
なので、自分の子どもには好きな方向で学校に行って欲しいし、必要な分野で生きて行って欲しいと思います。

後にも先にも、進学するということは、お金がついてまわるということです。
自分で苦労した分、お金がらみで苦労させたくないということもあります。
自分たち親は、特に贅沢したいとか、自分の物にお金を使いたいとは思わないですが、 将来の子どものために、今からお金がほしい、と強く願います。

教育資金の他には、家族のために、マイホーム建築の資金が欲しいと思います。
全額とはいわなくても、頭金くらいは持っていないと建築は無理だろうと思いますので、
現在進行形で貯蓄をしています。

フルローンのロードバイク

一時期はまったロードバイク。
車両本体。プラス、ペダルを交換。さらに、ロードバイク専用空気入れ、携帯用空気入れ、ヘルメット、サイクルジャージ、専用シューズ、サドル交換、その他消耗品。
すべて合わせると、中古の自動車が買えるくらいの値段でした。
もちろんローンです。

なぜそこまでして購入したかというのは、今となってはさっぱりわかりません。もちろん購入当時は、欲しくてたまらずに購入したわけで、休日ともなれば、ロングライドに出かけておりました。
ちょうど、ロードバイクがブームになりかけており、春ともなれば、たくさんの自転車乗りたちが、サイクルジャージを身にまとい、颯爽と走り回っておりました。自分も彼等のように、風をきり走り回りたい。

だがしかし、実際に購入し、走ってみると、あまり楽しいとは感じませんでした。
ただきついだけで、ロードバイク乗りたちは、なぜわざわざこんなきついことを進んでやっているのか、などと考えておりました。
自分の体力、技術が足りないのだと考え、上達すれば楽しくなるのだろうと、来る日も来る日も走り、急な山道に挑戦したりなどとしておりました。

思えば、ロードバイクが欲しかったというよりは、ロードバイクに乗り、颯爽と走る自分に酔っていたのだと思います。
そしてそんな日々は長く続くはずもなく、やがて忙しさなどを理由に、ロードバイクにまたがる回数も減り、ついには乗ること自体がなくなってしまいました。

今となっては、後悔のほうが大きくなっています。なぜ、ロードバイクなどというものを購入してしまったのか。もしくは、購入するにしても、もっとお手頃な価格のものを購入しなかったのか。
あそこまで、装備を整える必要が果たしてあったのか。
後悔してもしきれません。あのとき買うのをやめていれば、と。

そして、熱にうかされた状態で始めてしまったロードバイクでしたが、私は、それほど運動が好きではありません。完全に踊らされておりました。
これが、私の一番大きな買い物と後悔です。