フルローンのロードバイク

一時期はまったロードバイク。
車両本体。プラス、ペダルを交換。さらに、ロードバイク専用空気入れ、携帯用空気入れ、ヘルメット、サイクルジャージ、専用シューズ、サドル交換、その他消耗品。
すべて合わせると、中古の自動車が買えるくらいの値段でした。
もちろんローンです。

なぜそこまでして購入したかというのは、今となってはさっぱりわかりません。もちろん購入当時は、欲しくてたまらずに購入したわけで、休日ともなれば、ロングライドに出かけておりました。
ちょうど、ロードバイクがブームになりかけており、春ともなれば、たくさんの自転車乗りたちが、サイクルジャージを身にまとい、颯爽と走り回っておりました。自分も彼等のように、風をきり走り回りたい。

だがしかし、実際に購入し、走ってみると、あまり楽しいとは感じませんでした。
ただきついだけで、ロードバイク乗りたちは、なぜわざわざこんなきついことを進んでやっているのか、などと考えておりました。
自分の体力、技術が足りないのだと考え、上達すれば楽しくなるのだろうと、来る日も来る日も走り、急な山道に挑戦したりなどとしておりました。

思えば、ロードバイクが欲しかったというよりは、ロードバイクに乗り、颯爽と走る自分に酔っていたのだと思います。
そしてそんな日々は長く続くはずもなく、やがて忙しさなどを理由に、ロードバイクにまたがる回数も減り、ついには乗ること自体がなくなってしまいました。

今となっては、後悔のほうが大きくなっています。なぜ、ロードバイクなどというものを購入してしまったのか。もしくは、購入するにしても、もっとお手頃な価格のものを購入しなかったのか。
あそこまで、装備を整える必要が果たしてあったのか。
後悔してもしきれません。あのとき買うのをやめていれば、と。

そして、熱にうかされた状態で始めてしまったロードバイクでしたが、私は、それほど運動が好きではありません。完全に踊らされておりました。
これが、私の一番大きな買い物と後悔です。